日経225CFDを始めるときの注意点

「CFD」という取引をご存知でしょうか。
日本語で言うと「差金決済取引」のことです。
株やFXなどを売買したときの差額のみを取引する方法です。
レバレッジを利かせることで、100万円でもレバレッジ10倍を利かせれば1000万円の取引ができます。
そして、CFDは株やFX以外にも株価指数や原油・金・銀などの現物などへの取引にも対応できます。
また、日本国内以外にも海外の株式投資や株価指数への投資も可能となります。
CFDを利用することで、投資の幅を広げてより多くの利益を期待することができます。

しかし、CFDにはリスクもあります。
レバレッジが利く分、損失も大きくなることです。
例えば日経平均株価を対象とする「日経225CFD」を始めるとします。
日経平均株価を対象としたCFD取引のことです。
日経平均株価は、1日で千円単位上下することもあります。
そのため、CFDでレバレッジを利かせて取引をしていた場合。
50万円の資本金で、レバレッジ20倍として1000万円分日経平均株価をCFDで取引していたとしましょう。
もし購入した次の日に1000円下落したとすると、これだけで1000円×20倍×1000万円(購入金額)=2億円の損失を出してしまいます。
あっという間に損失が大きくなり、資本金以上の損失を出してしまいます。
これはあくまでも例ですが、ありえないことではないでしょう。

このように、ハイリスク・ハイリターンであることを忘れずに。
これが日経225CFDの注意点と言えるでしょう。
短期で取引したいならば、損切りを必ず設定するようにしましょう。

ちなみにFXならば、数円単位で上下することが多いので、どうしてもCFDで取引したいならばそちらを選ぶのもいいでしょう。
また、レバレッジが高くなるほど利益も損失も大きくなります。
CFDでは50~60万円程度の資本金でも投資ができてしまいますが、その分レバレッジも高くなる傾向があります。
できるだけ資本金は多めに用意して、それに合ったCFD取引を行うこと。
あくまでもレバレッジのおかげで高額の取引ができるわけで、資本金が増えたわけではありません。
金銭感覚を失うことなく、上手に投資を行ってください。

投資にまつわる基本キーワードを知りたい方へ

経済用語って難しいと思いませんか?表面上の意味と違うような場合もあれば、そもそも何をいっているのかわからないような用語もありますよね。資産運用や投資を始めたいと思ったときに、まずつまづきやすいのが、情報収集の際の用語の理解です。受験生の頃の英語のテストなども、同様ではありませんでしたか?初めて読む英文が出てきて、わからない単語や意味を間違えていた単語があったら本文全体の意味が全然理解できなかったという記憶があるという方は、少なくないと思います。

そこで、資産運用をしたいと思ったら、初心者向けのサイトから情報収集を始めることをおすすめします。初心者向けのサイトなら、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析の技法について述べられているというのではなく、ファンダメンタルズ分析とは何か、テクニカル分析とは何か、そもそも知っておくべきキーワードは何か、というところから解説されているところが多いですよ。

私が知っているサイトの中でも、資産運用初心者の方におすすめなのは、日経225マガジンというサイトです。このサイトは、実際に日経平均株価指数取引をしている方が、資産運用を始めるまでに調べた様々な情報についてまとめられています。日経225に関する詳細はこちらからご覧ください。日経225CFD取引についても詳しいですよ。

日経225マガジンに掲載されている中でおすすめな情報はいろいろありますが、特に、株価指数取引をはじめとする資産運用のための、情報収集手段にいてまとめられているのはぜひ読んでおくと良いと思います。これまで経済新聞を流し読みしてよくわからないなあとあきらめていた方、ネット上の情報が多すぎて情報の海に溺れそうになっている方などにおすすめです。無料で利用できる信頼できる情報の得方なども載っていますので、一度チェックしてみてくださいね。しっかり情報収集してから資産運用を始めると、不安感が減り、より良い運用ができることでしょう。

日経平均株価を予想するとはどういうこと?

投資対象のひとつに、日経平均株価指数というものがあります。これは、東証一部に上場されている株式銘柄のうち、日本経済新聞社が日本を代表する銘柄だと認め選定した225銘柄の株価を平均したものです。この225銘柄の例を挙げると、協和発酵キリンや武田薬品工業、日清紡ホールディングス、日産自動車、トヨタ自動車、NTT、NTT、ドコモなど、日本人なら誰でも知っているような会社がずらりと並んでいることがよくわかりますね。

では次に、日経平均株価指数を投資対象にするとはどういうことかについて考えてみましょう。「指数」などと呼ぶとややこしく感じますが、要するに株価の平均値なわけですから、対象となる株価の多くが上がれば平均株価指数も上がりますし、逆にいろいろな株の価格が下がってきたら平均株価指数も下がります。株価指数を買っておいて、買った時より上がったときに売れば利益になりますし、安くなってしまったときに売れば損になります。

日経平均株価指数取引が人気な理由のひとつとして、予想がしやすいという理由が挙げられます。先に述べたように、株価指数は上がるか下がるかなので、初心者の方でも取り組みやすい投資だと思います。また、市場全体の値動きと連動していますから、景気が良ければ上がるし、景気が悪ければ下がるわけですから、これも予測しやすい理由のひとつですね。さらに、証拠金を差し入れて差金決済をするシステムとなっていますから、最初に買うときに一定のお金が必要ないというのも投資を始めやすくて良いですね。買ったものを売ったり、売りから入ったものを買い戻したときに、最初の契約との差額分だけ金銭を授受することになります。

また、日経平均株価の値動きを予想することは、日経平均に連動する銘柄の予測をすることでもありますよ。個別銘柄の株式売買をしている方、日経平均に連動する銘柄を含む投資信託をしている方などは、併せてチェックしてくださいね。

金融政策は株価に影響を与えます

株式投資を行う目的としては、売買した差額(キャピタルゲイン)で利益を得ることです。
例えばA社の株が10000円で合ったときに1000株購入する。
10100円になった時に1000株売れば、10万円の利益を得ることができます。
この差額を目的として、投資を行っていると思います。
また、株式投資に関しては、インカムゲインを目当てに行っている方もいるでしょう。
企業で株主に配当しているものをインカムゲインと言います。
これは長期保有しているか決められた数以上の株を所有している株主へ、自社で展開している店舗の優待券や招待券や商品などを配当としている企業が多いですね。

株式投資は、キャピタルゲインやインカムゲインを得るために、上手に売買するのが目的となります。
しかし、いつでもその売買がうまくいくとは限りません。
時には下落することもあります。
また、購入しようとしていた株が、いきなり株価上昇するかもしれません。

株価を予想するのは難しいことですが、企業の業績や日本経済の情報・過去の相場を参考にすれば、今後の株価相場を予想することはできます。
あくまで予想ですので外れることもありますが、やみくもに売買するよりは安全でしょう。

株価に影響するものは、日本の景気や気候など様々な要素があるとされています。
その中でも金融政策も、株価に影響を与える要素のひとつと言われています。
最近では「マイナス金利」という政策が話題となっていますね。

一般的に金利が下がると、株価は上がると言われています。
その理由は、金利を下げれば銀行にお金を預ける人は減り、多少のリスクがあっても利益を見込める株式投資にお金を使う人も増えていきます。
結果株価が上がるというわけです。

ちなみに日本では、リーマンショック後のゼロ金利政策を行っていることになっています。
これ以上の金利引き下げは期待ができないのではないか…とされています。
このような場合は、銀行が持っている株や国債を買って市場にお金を多く流すことにします。
結果、市場に出回るお金が増えて、上記のように株式投資にお金を使う人が増える…
というわけで、株価が上がる要因につながることになります。

金融政策が株価に影響を与える理由が、お分かりいただけたと思います。
金融政策に関しても、日ごろから注意して情報収集しておくといいでしょう。

景気がよくなると日経平均株価があがる理由

FXや株式投資など、資産運用を行う方がここ数年増えてきました。
テレビでトレーダーを特集していたり、会社勤めをしている人や主婦の副業としても行えること。
このような理由から、投資に興味を持って行う方も増えてきているのでしょう。

しかし、投資はハイリスク・ハイリターン。
投資額全てを回収できるわけではありませんし、時には損失の方が大きくなってしまうこともあります。
利益を出すためには、投資している外貨や株価だけでなく、様々な情報を収集してそれらを生かす必要があります。

例えば、日経平均株価。
株式投資を行っている方や、CFDで株価指数を取引している方は、毎日必ず確認していることでしょう。
日経平均株価は、日本国内の選ばれた225銘柄の平均株価のことです。
これを見ることで、今の株式相場が調子が良いのか悪いのか?判断しやすくなります。

この日経平均株価。
実は景気が良くなると株価も上がり、反対に景気が悪くなると下がると言われています。
なぜ景気と株価が関係しているのか、よく理由を分かっていない方もいるのではないでしょうか。

簡単に説明すると…
景気がよくなれば、人は物をたくさん買いますし、外食や旅行にも行くようになります。
すると、それらを提供している会社の業績が上がりますし、在庫を多く持つために仕事量も増やすことになります。
業績が上がり仕事も増えれば、社員へ出している給料も増えますし新しい社員を雇うことにもつながります。
給料が増えれば、また人は物を買ったり、外食・旅行に出かけるようになります。

このように、景気がよくなるとプラスの連鎖が起こることになります。
結果、それぞれの企業業績が上がるため、その企業が発行している株価も上がる。
株価が上がれば、日経平均株価も上がる。
このようなことから、景気は株価に大きな影響を与える。というわけです。

ちなみに、薬品会社や医療関係の会社の株価は、景気が良くても悪くても病気になる人はなりますので、あまり関係ないと言われています。
反対に製造業や外食産業・テーマパークを運営している企業などは、景気に大きく株価が左右されると言われています。

もちろん景気だけではなく、政治情勢や気候(台風・大地震の有無)や過去のチャートを参考に売買ポイントを決めることは重要です。
景気ではなく、それぞれの情報をふまえて分析しつつ、上手に投資を行いましょう。